事業内容

太陽光発電システムとは

太陽電池は半導体の一種で、光エネルギーを直接電気に変えます。そして、太陽光を受けている間だけ電気を発生する太陽光発電装置です。太陽の光エネルギーを太陽電池モジュールで直接電力(直流電力)に変換し、パワーコンディショナで直流を交流に変換し、建物内に電力供給します。
近年の技術開発により、光から電気にかえる効率(変換効率)が向上し、コストも下がってきたため、一般家庭用の電源としても普及し始めました。
太陽電池は、地球温暖化の原因となる二酸化炭素や有害な排気ガスを出さず、太陽がある限り発電をし続ける、地球にやさしいクリーンな発電装置です。

導入のメリット・デメリット

光熱費がダウン

昼間は、太陽の光エネルギーから発電した電気をそのまま使うので、その分電力会社から買う必要がなくなり、電気代の大幅な削減が期待でき、家計の負担はぐんと軽減します。

余った電力を売電

消費量よりも発電したら電力会社に買い取ってもらえるので経済的。
日中の高い電気料金は太陽光発電で負担を軽減し、余った電力は売電。夜は安い深夜電力を買って使用します。

災害時に活用

万が一の災害時や停電になった場合でも、天候さえ良ければ、自立運転機能により専用コンセントを用いて電気製品が使用できます。テレビやラジオのコードを繋げば、情報収集が可能となります。

地球にやさしい

太陽光発電は発電時のCO2排出ゼロ。そのクリーンなエネルギーを使用するので、家庭の年間CO2排出量を大幅に削減することができます。また、発電した電力を自己管理することによって、自然と節電に対する意識が高まり、省エネ意識の構造にも繋がります。

導入時に必要なコストが大きい

工事内容や設置するソーラーパネルの枚数などによって異なりますが、4kWの標準的なシステムを一戸建住宅に導入する時のコストは200万円前後。大きな金額であることは間違いありません。
ただし、国や地方自治体の補助金、余剰電力の買い取り制度などを利用すれば、10年〜12年程度で導入コストを回収することができるといわれています。

発電量が立地や天候に左右される

発電量は天候や家屋の立地条件に影響されます。日照量の少ない雨や曇りの日の発電量はあまり見込めません。
また、家屋の立地条件にも発電量は影響されますので信頼できる販売店を選び、しっかり導入シミュレーションを行うことをお勧めします。

備蓄機能がない

蓄電機能はないので、夜間や太陽光のない場所では使用できません。

家屋の外観に影響する

最近では、デザイン性に優れたソーラーパネルが出てきてはいるものの、通常の屋根に据え置くタイプのソーラーパネルでは、せっかくのデザイン性が損なわれる場合もあります。

ソーラーローンのご案内

ソーラーローンのご案内

太陽光発電システムを設置する際、便利なソーラーローンをご利用いただくことで、家計にかかる負担をぐんと抑えることができます。なかにはTポイントが貯まる大変お得なローン、頭金0円や残債型(繰り上げ返済が可能)のローンもございます。
支払回数(1回〜216回/18年)や金利など各ローンによって違いはございますのでソーラーローンの不明点など、お支払いに関する質問など、お気軽にお問い合わせください。

ソーラーローンで購入すると

太陽光発電を設置する導入費用を金利の優遇されたソーラーローンで支払っていくことで、家計に大きな負担をかけることなく太陽光発電システムを導入することが出来ます。
高額だからこそ「団体信用生命保険(加入条件あり)」にもご加入いただけます。
今まで月々に支払っていた光熱費の削減額をローン代金に当てるという事になりますので、ローンの組み方、光熱費の削減量によっては、とても少ない負担で導入も出来ます。
ソーラーローンを使った具体的なシミュレーションをご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

※団体信用生命保険とはローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

事業内容

  • 太陽光発電システム
  • 蓄電池
  • オール電化
  • ハウスクリーニング
  • 外壁塗装
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • iclick
  • アプラス Tポイント
ページの先頭へ