事業内容

こんなにすごい!“光触媒塗料”について

メーカーは光触媒塗料の耐用年数を約20 年としています。
汚れにくく、施工者からの評判も相当高い塗料です。
注意したいのは光触媒塗料の性能自体が20 年もったとしても、下地の割れや下塗り塗料の剥がれ等が
起きた場合は当然上に乗せた光触媒塗料にも影響します。
よって耐用年数約20 年と言っていますが、実際は施工の技術と下地の耐用年数も大きく関係しますが、
現在塗料の中で1 番耐用年数が高いのが「光触媒」塗料です。


光触媒のメリット

光触媒塗料について

外装塗装の基礎知識

外壁塗装に使用される塗料は下記のように様々な種類があります。
値段が安価な順に
アクリル<ウレタン<シリコン<フッ素<光触媒
と上がっていくのと比例して、耐久年数も上がっていきます。
現在最も主流として、外壁塗装に使われている塗料は「シリコン系塗料」です。


光触媒塗料について

使用塗料は同じランクを使用することをおすすめします

耐用年数が異なる塗料を同じ家のあちこちへ使うと、当然ランクが低い塗料を使用した部分が
先に剥げてきたり、劣化します。
しかし外壁はまだ剥げていませんので、剥げたの部分の補修のために足場を掛けて塗装工事を
行うということを普通は選択しません。
ということは、剥げた部分を我慢する年数があります。
当然放っておくと劣化も激しくなり、内部が腐食することも考えられます。
そのため、塗装は外壁も、雨どいも、破風も、屋根も全て同じランクの塗料を使用しましょう。

外装塗装の塗り替えは大切

外壁塗装の塗り替え時期の目安は、その家の状況にもよりますが約10年ごとと言われています。
しかし、お金と労力が必要になるため、そのまま放置している家は数多くあると思います。
見た感じの印象では分らなくても、外壁塗装の耐久性はどんな家でも必ず落ちていくため、
何十年もそのままで平気な外壁など、ひとつもありません。
塗料の役割は、単に外壁の美観のためだけではありません。
外気、雨風などの刺激から外壁を守ってくれます。
毎日毎日、休みなく家を守っているので当然、その塗装は少しずつ剥がれていきます。
外壁塗装の耐久性が無くなると、以下のようなことが起こっていきます。


①防水効果の低下

外壁の耐久性が落ちると、雨などの水分、湿気の浸入を防ぐ事が出来ません。


②ひび割れの発生

外壁塗装がはがれてきて耐久性が無くなると、外壁自体にひび割れを起こします。
ひび割れが起こると共に外壁が反ってきます。こうなると、益々外壁の劣化は進行していきます。


③外壁内部の劣化

外壁がひび割れてくると、湿気、汚れ、雨が直接外壁内へ染み込むため、
そこから外壁内部の劣化(腐食)が始まります。


④外壁内部の腐食

外壁の内部に水分、湿気が入り込むため外壁内部・木材部分の腐食が始まります。
腐食が進むと外壁が崩れ落ちる危険もあります。


⑤家が傾く恐れ

木材部分まで腐食が及ぶと、家が傾く恐れも出てきます。
また、家に隙間が出来ることで断熱性も低下します。
冷暖房が効かず光熱費が上がるのに夏は暑く、冬は寒い家になります。


⑥コンクリートの強度低下

外壁コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失います。


⑦雨漏りの可能性

壁自体が雨や湿気をもろに受けますので、そのうち侵入を防げなくなり
住居部分へ水分が漏れ出してきます。



特にひび割れ、雨漏りという症状がある場合は、かなり外壁の劣化が進んでしまっています。
外壁のチェックは常日頃から気をつけ、早め早めの対応が大切です。
症状を放っておくと外壁内部まで腐食が進み、状態が酷く手の施しようが無くなってしまった場合、
外壁自体をリフォームすることとなり費用も多くかかります。
早めに外壁の補修を行う事が出来れば、費用も安く抑える事が出来て塗装の塗り替えのみで終わります。
外壁塗装の塗り替えがだいたい10年ごとに必要、と言われているのはこんな理由からです。

事業内容

  • 太陽光発電システム
  • 蓄電池
  • オール電化
  • ハウスクリーニング
  • 外壁塗装
  • お問い合わせ
  • 採用情報
  • iclick
  • アプラス Tポイント
ページの先頭へ